1. ホーム
  2. 研修

研修

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修について
利用者の方の身体介護を行う際には、必ず介護の資格取得が必要になります。
この介護の資格には、短期間で取得可能な資格から何度が高い国家資格までと様々な種類があります。
その中でも介護職員初認者研修は3ヶ月程度で介護の取得が可能で最も取得しやすい介護とされており、言うならば「介護の初歩資格」となります。
介護職員初認者研修を取得するメリットについて
・資格手当がつき給料を上げることが可能
・高齢者への接し方が変わり、身体介護の仕事もできるようになる
・資格取得は正社員になりやすい!キャリアップを考えられる
研修場所について
◆五日市研修センター◆
広島市佐伯区観音台2-30-6
TEL 082-943-9090

日程や詳しい詳細は下記リンクからご確認ください。

研修詳細を見る

同行援護従業者養成研修

同行援護従業者養成研修とは
利用者の方の身体介護を行う際には、必ず介護の資格取得が必要になります。
視覚障がい者であり、身体介護を必要とする場合とそうでない場合の移動に困難を有する障がい者に対して外出時に上記に該当する障がい者へ同行し、必要な情報を提供するとともに、移動における援護や、食事や排せつ等の援助を行うのが同行援護です。
障害者総合支援法(旧:障害者自立支援法)上の資格になります。
同行援護従業者養成研修は大きく2種類あり、一般課程と応用課程になります。
このような方にオススメです!
・全国の障がい者、または障がい児の支援事業所に勤務されている方
・知的障がい者や精神障がい者の援助をしたいと考えられている方
・放課後等デイサービスに勤務されている方
・社会福祉法人等の障がい者支援施設で勤務されている方
・障がい分野に興味がある方
・同行援護サービスを行っている訪問介護事業所などで勤務される方
研修場所について
◆株式会社QoLe◆
広島市佐伯区観音台2-30-6
TEL 082-943-9090

日程や詳しい詳細は下記リンクからご確認ください。

研修詳細を見る

強度行動障害支援者養成研修

強度行動障害支援者養成研修とは
強度行動障害とは、本人の健康を著しく損ねる行動(自身の身体を叩いたりして傷つけるなど)、周囲の暮らしに著しく影響を及ぼす行動(物を壊すなど)が高頻度で且つ、継続的に行われ、特別的な支援が必要な状態のことを言います。
また、強度行動障害支援者養成研修とは、都道府県の知己生活支援事業である、平成25年からスタートした研修です。
このような方にオススメです!
・全国の障害者、又は障がい児の支援事業所に勤務されている方
・放課後等デイサービスに勤務されている方
・社会福祉法人等の障がい者支援施設で勤務されている方
・障がい分野に興味がある方
・訪問介護事業所などで勤務されている方

日程や詳しい詳細は下記リンクからお問い合わせください。

研修について問い合わせする

このページのトップへ